top of page

愛グループすべての事業の主役は、お客様です。
例えば、壮麗な施設そのものは、愛グループの誇りではありません。
お客様に使っていただき、喜んでいただいて、はじめて誇れる施設と言えるのです。
愛グループが目指すもの。
それはお客様の想像を超える満足、つまり感動の施行です。
そのために、壮麗な施設が、星の数ほどのアイテムが、そして、私たちのサービスがあります。
お客様に感動と満足を提供することで、愛グループは存在しています。

​[ミッション]=セレモニー総合商社として、より良いモノで喜ばれる。

商社といっても、『トレーダー愛』は、モノづくりの割合が大きな会社です。

そのモノづくりで重要になるのは、

常に「もっと良くならないか」と、工夫を続けることです。

特にこれからは、「お客様の人生を、一生、すべて、サポートする」ことを目指すため、

さまざまなセレモニーについて、すぐれたモノづくりが求められます。

“愛グループ”にとってすぐれたモノとは、

​人の役に立ち、喜ばれることを意味します。

​[ビジョン]=独自性を磨き、事業を支え、事業を生み出す。

セレモニーに欠かせないモノで大事なのは、

しきたりと時代性のバランスを上手に取ることです。

特に時代性の取り入れ方が重要で、

それが上手くいった時にはどこにもない独自の強みとなります。

そして『トレーダー愛』は“愛グループ”の事業を「モノ」で支えるわけですが、

​これからは、「卸売/小売り」も始め、事業の幅を広げ成長していきます。

『トレーダー愛』が用意するモノがお客様に満足いただけるほど、

私たちにとって「利」となり、

次の事業でさらにお客様に役立つことが出来るようになります。

今後の『トレーダー愛』は、内製の能力を上げ、さらに「卸売/小売」も始めます。

そのため、商品はより厳しい競争にさらされ、

品質や特性での差別性が重要になります。

そして、お客様の心に寄り添い、喜ばれるモノができたとき、

​私たちは大きな達成感を味わえます。

​[バリュー]=幸せの元をつくることが、利の元づくりになる。

bottom of page